飼い主様の(ご家族の)愛情こそ!!

久しぶりに、往診で健康診断に行きましたよ

このワンちゃん、もう一昨年(2013年夏)になりますが腹腔内腫瘍(肝臓か脾臓の腫瘍)が見つかりました。

IMG_3128

 

で・・・ご家族は年齢等も考慮され、検査及び積極的治療(手術や化学療法剤など)は希望されなかったワンちゃんです。

そうなんですで、元気にしているかなお腹のしこりが大きくなって苦しんではいないかなとか、思っていたら、街でバッタリ会った、飼い主様からまだ頑張って生きているけど、一回、診察してくださいとの依頼を受けました。

往診で伺ってみました。

腫瘍発見から1年半以上経ち、貧血の症状や、視力の低下はありますが、こんなに元気に気持ちよく生活してるんです。

IMG_3126

 

至れり尽くせりの、見てくださいこのお玄関にあるベッドフカフカですが、体力の弱ったSちゃんが足を取られないように、クッションの上に少し固めのマット(グレーのマット)がかぶせてあるんです心遣い、感服しました。

今回感じたことは、懸命に病気と戦うことも大切ですが、あえて戦わず、ただただ愛情をかけることの大切さ貴重さを教わった往診でした