草むらお散歩でご注意!!

時節柄、夏草が茂り、ワンちゃんたちのお散歩コースになっている飼い主様も多いのでは

この子、ぴょん吉くん、お散歩で帰ってきてから1日2日で右目が開けにくくなり、たちまち、腫れて結膜炎のような症状になりました。

受診され、ウーン今までにこのような眼の病気にもなったことがないし、季節柄、草むらなどに連れて行かれるとのことで、イネ科の草の芒(ノギ)などが目に入った可能性もお話し、とりあえず消炎剤や抗生剤の点眼薬で経過を見ることに・・

1日開けて、診察させてもらいました。やはり、既存のぴょん吉くんの眼の病気などの存在はなかったのでやはり何か眼の中にあるのでは???

ただ、それを確認するためにはどうしても軽い鎮静剤が必要になります

飼い主様はとても協力的な方で、即諾して下さり、早速鎮静下で眼の検査をしてみました。

ありました~

140614三村ぴょん吉草の芽1

も少し近寄って・・・・

名称未設定

摘出したものが、コレ!!

140614三村ぴょん吉草の芽5

いわゆる芒ですね~(ノギ、「ぼう」とも)は、コメ、ムギなどイネ科の植物の小穂を構成する鱗片で小さな刺があり、今回のような眼の中だけでなく、手や足にも刺さることがあります。

予防法は、特にありませんだってワンちゃんたちって草むら大好きですよね

だから、お散歩から帰ったあとは、簡単な全身チェックをしてあげて、何か足の先とか、お顔とかにくっついていたり、気にしていたら早めに動物病院での診察をお勧めいたします