ダニの重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

最近、新聞テレビ等で報道されている、重症熱性血小板減少症、病名の頭文字を取りSFTSとも呼ばれています。

ご承知のように、西日本、特に長崎で最初に死亡したヒトがいるということで、ダニが生息している場所で作業をするような方、あるいはこの病気を媒介するダニがマダニ科のフタトゲチマダニやオウシマダニ等、愛犬たちにも寄生するダニと共通の可能性があり、犬や猫に寄生している場合飼い主様との接触の程度によって用心が必要な場合も考えられます。

犬だけではなく、山羊や牛、豚、鶏からも抗体が検出されているようですし、最近問題となっている、身近になってきた周辺動物(イノシシや鹿など)の抗体調査も望まれます。

  1. 今私達に出来る注意は、農作業や山歩きなどをする際にはダニの襲来に用心すること
  2. 飼育している犬や猫にダニを寄生させないよう、適切な駆除薬や予防薬を使用するということ