犬ちゃんや猫ちゃんの熱中症が増えています!!

ここ数日の朝早くから夕方過ぎまでの、暑さはとても厳しいですね

熱中症とは、以前よく使われていた熱射病と比較してみると、日差しの下でなく屋内でも起こります。

熱中症の重症度分類(日本神経救急学会による)

  1. I度軽症 日陰で休む。水分補給
  2. II度中等症 病院にかかり補液を受ける必要がある
  3. III度重症 救急車で救命医療を行う医療施設に搬送し入院治療の必要がある

特に怖いのはIII度熱中症で、診断基準は

  • 暑熱への曝露がある
  • 体温39.5℃以上
  • 脳機能・肝腎機能・血液凝固のいずれかひとつでも異常徴候がある

の3つを満たし、身体の異常として、異常に亢進した、血液凝固は体温の過度の上昇によって体タンパク質が壊れ、身体のあちこちで、内出血をした結果、それらの内出血を止めるために血液が凝固するために起こります。言い換えれば、熱射病になった後に起こってくる合併症的な怖い症状です。

実際これで、車に置き去りにされた小さい幼児が命を落としていますよね。

日頃から、犬ちゃんや猫ちゃんの体調には気を遣うことも大切ですが、大事なのは、犬ちゃんや猫ちゃんたちが過ごしているお部屋に温度計を起き、飼い主様の体感温度だけに頼らず、正確な温度管理も必要な気がします!昼間の暑い時間帯はなるべく外出を避ける(特にパクさんとか、肥満のある犬ちゃんなど)

あと当院ホームページの熱中症予防情報もご参考にして下さい

草むらお散歩でご注意!!

時節柄、夏草が茂り、ワンちゃんたちのお散歩コースになっている飼い主様も多いのでは

この子、ぴょん吉くん、お散歩で帰ってきてから1日2日で右目が開けにくくなり、たちまち、腫れて結膜炎のような症状になりました。

受診され、ウーン今までにこのような眼の病気にもなったことがないし、季節柄、草むらなどに連れて行かれるとのことで、イネ科の草の芒(ノギ)などが目に入った可能性もお話し、とりあえず消炎剤や抗生剤の点眼薬で経過を見ることに・・

1日開けて、診察させてもらいました。やはり、既存のぴょん吉くんの眼の病気などの存在はなかったのでやはり何か眼の中にあるのでは???

ただ、それを確認するためにはどうしても軽い鎮静剤が必要になります

飼い主様はとても協力的な方で、即諾して下さり、早速鎮静下で眼の検査をしてみました。

ありました~

140614三村ぴょん吉草の芽1

も少し近寄って・・・・

名称未設定

摘出したものが、コレ!!

140614三村ぴょん吉草の芽5

いわゆる芒ですね~(ノギ、「ぼう」とも)は、コメ、ムギなどイネ科の植物の小穂を構成する鱗片で小さな刺があり、今回のような眼の中だけでなく、手や足にも刺さることがあります。

予防法は、特にありませんだってワンちゃんたちって草むら大好きですよね

だから、お散歩から帰ったあとは、簡単な全身チェックをしてあげて、何か足の先とか、お顔とかにくっついていたり、気にしていたら早めに動物病院での診察をお勧めいたします