老犬の心臓病でも、幸せにコントロール出来ましたよ

ム◯ちゃん、17歳を越えるご長寿犬でした、先日天寿を全うしました。

可愛い素直なお顔のワンちゃんでしょ

IMG_1140

今から、1年前に重い老犬病の一つの、心臓病で悪化し肺水腫という救急疾患で入院しました

すでに呼吸は止まりかけており、酸素室(ICU処置室)に入り救急薬、強心剤等により2日間でなんとか一般のお部屋に戻り、あとは元気で今年の初めまで飼い主様と過ごすことができました。

この子の病気はレントゲン検査、心電図検査、心エコー検査などを実施した結果、診断は僧帽弁閉鎖不全症のかなり末期の状態でした。

今は、このような老犬の心臓病を慢性変性性僧帽弁疾患(CDMD)と呼び、心臓のお薬や血圧を調整する薬とかで内科的に治療する場合や、ケースによっては手術で治療する症例も増えてきています。

大事なのは7歳以上の犬をお持ちの飼い主様はヒトと同じく早期発見のために動物病院で心臓の健康診断を受けられてください。

『うちの子は元気だからとか、ご飯もよく食べているから』だとしても意外と、心臓は無理をしているかもしれません

まずは簡単な検査からでも良いんです、そうですやはり大事な検査は、人間と同じ血圧測定です。

ただこれが意外と難しいのですよね

それは特に犬や猫は私達ヒトと違い、血圧の測定が病院ではなかなかルーチンには出来ません(理由は怖がったり、興奮したりして正確な血圧の測定が出来難いためです。)

幸いこの子は、当院でわんわんドッグみたいに半日お預かりして、血圧測定から開始し、この子にあったお薬を選択することができ、あとは飼い主様の懸命の看護治療(心臓薬の内服並びに心臓病専用のドックフードの継続)で QOL(生活の質)を落とさないで長生きできたんです

皆様のワンちゃんたちも老犬病に注意しましょう

睾丸腫瘍の症例のその後・・・病理検査の結果は?

前回、アップした大きく腫瘍化した停留睾丸の症例のその後の病理結果が出ました。

病理診断の結果は、セミノーマ(精上皮腫)でした。

岩崎シェル病理

今回の腫瘍とは違いますが、睾丸腫瘍の中でセルトリ細胞腫は腫瘍細胞が女性ホルモンであるエストロゲンを生成するため、睾丸が腫大したりするだけでなく左右対称性の脱毛や、乳首や乳腺の腫大などの女性化が起こったり、骨髄に障害が及ぶこともあります。

今回のはセミノーマですので、上記の症状はほぼ起きにくいと考えられ、転移の可能性などへの注意を払うことで経過を見て行こうと思っています。

停留睾丸のチェック健康診断を!!

停留睾丸という疾患をご存知でしょうか?

まだ去勢手術を受けられていない男の子(オスの)のワンちゃんをお持ちでしたら、一度股のところをソッーと触ってみて2つプラーンとあるかどうか確認してみてください。

睾丸、ありましたか??

今からお話する患者さんのワンちゃんは、右側の睾丸が生まれつきに陰嚢に無く、股の付け根の鼠径部という所で止まってしまってました。

それから10年近くも月日が経ってしまい、ご覧のように異常に大きく腫れてしまい,

ご心配でノア動物病院を来院されました。

IMG_1120

 

赤ちゃんの頭ほどの塊が(青い矢印)右側の睾丸でその上に見えている少し黒っぽい小さな塊が、左側の本来の睾丸です。

 

男の子(雄)の場合、もともとお母さんのお腹にいるときには両方の睾丸はお腹の中の腎臓のすぐそばにあります。

それが、生まれてから徐々に陰嚢という睾丸を入れる袋に降りてくるのです。

この過程で何らかの不具合が生じた場合睾丸が左右両方、あるいは片方が腹腔あるいは鼠径部に残ってしまう状態を停留睾丸と言います。

この病気は、幸い痛み等を伴いませんのでしばらくは問題ないように見えますが、実はとても怖い影響を及ぼし始めることがあります。

それは停留した睾丸が腫瘍化する危険性があるということです(一部データでは正常の睾丸に比べて20倍の危険性)

しかも腫瘍化した悪い睾丸から、体の大事な血液を作る骨髄を破壊するような悪いホルモンが出て、気付いて慌てて悪い腫瘍を取り去っても貧血の状態は改善しないで,

それが原因で命を落とすケースもあります。

このような危険な状態にならないためには、ご自分のワンちゃんの性器の状態もたまには確認することが大切です。

もし少しでもご不安な様子があれば動物病院へご相談されるとよろしいでしょう 😛

 

この子はその後手術をしました。

IMG_1113 ご覧のように大きさの違う左右の睾丸が無事に摘出されました。

これでしばらく腫瘍の影響を観察し、幸い問題が無ければ今まで以上に今回の手術で(基本は去勢手術です)生活の質は向上することが期待できるでしょう!

 

やっぱり早めの避妊手術が大事ですね(^O^) 子宮蓄膿症にかかったMちゃん

最近痩せてきて、お尻から(女の子だから陰部)から可能したような膿が出ているとのことで来院

早速、身体検査の後、レントゲン検査・超音波検査(エコー検査)を実施しました。

う~ん、やはり。上の両方の写真に見えている無エコー部分が膿が溜まっている子宮です(黒くて丸く見える部分)

 

これじゃ、お腹が痛くて食欲が落ちていても不思議はないですね!!

まずは、追加の血液検査を行い、体に起こっていることを血液化学的に調査。

また、点滴のための不足している栄養素などをチェック・・。

24時間後に手術を開始

頑張れ!!

猫ちゃんも股関節脱臼?(^_^;)

アメリカンカールのKちゃん、日頃アレルギーがある程度の元気な猫ちゃんが左足を突然びっこしているとのことで来院 😯

レントゲン検査の結果は、

左側(向かって右側)の足の付根、関節が外れているのが確認されました。

左足の股関節脱臼!!

これではさすがに痛くて歩けなかったね 😳

治療法は、なるべく体に傷を付けない方法から!!

そうです、まずは手術をしないで全身麻酔下で整復を試みることを選択。

もちろん整復が困難な場合は、関節手術に・・・

全身麻酔下で整復を実施、30分後無事整復完了!!

今度は、両方共関節にしっかり入っています。

これでしばらく左足を、テーピングで再脱臼を予防しておきます。

しばらく動きがいつもと同じとはいかないけど手術をすることを思えば、しばらく我慢を 😛

ヒヨドリさん受難(^_^;)

今日、うちノア動物病院の近くの海岸付近でニャンコさんにハンティングされ、危うくランチになりかけていたヒヨドリを心優しい若者が保護して連れてきてくれました。

左の翼の骨折と右腹部の裂傷でした 😯 早速緊急手術を実施。

1時間後にはさすが野鳥!!元気になりました(^^)v

さあ、これからが本番!!餌付けです大好物の柑橘みかんをなるべく自然に近いように工夫して与えてみます。

まずはこのように飛び立つ練習で体を痛めないように周りをダンボールで覆い、そこにみかんを装着!!

これで後は練り餌を強制給餌して暖かいお部屋でまずは休養だよ 😛