去勢・避妊について

犬や猫は私たち人と違い生理的にも、寿命の長さ等も基本的に違います。
ペットが健康なうちから病院と連携して何かが先に起こる前に手を打つ事が大事なポイントになります。

去勢・避妊手術はなぜ必要なのか?

  • 性ホルモン関連の病気、雄は精巣・前立腺、雌であれば卵巣子宮また乳腺のさまざまな病気及び関連疾患を予防し、動物自身の健康とQOLを向上させる
  • 性ホルモン関連の問題行動を抑制する(尿によるマーキング、におい嗅ぎ、性格の変化等)
  • 精神的な安定を図り最良の伴侶動物をつくる

野良犬が少なくなり、また犬猫ともに室内飼いが多くなった現在は、病気の予防目的で去勢・避妊手術をされる方が増えています。

去勢手術・避妊手術の流れはこちら

メリットについて

避妊手術のメリット

  • 子猫(子犬)を生まなくなりますので、里親探しなどの苦労がなくなります。
  • 発情しなくなりますので、ご近所に迷惑をかけたり、うるさく鳴いたり、落ち着きがなくなったりしなくなります。
  • 雄が寄ってきて騒ぐことがなくなります。
  • 野良猫や野良犬がこれ以上増えるのをくい止めることができます。
  • 生殖関連の病気(子宮蓄膿症、卵巣嚢腫、乳腺腫瘍[乳ガン]など)を予防することができます。
去勢手術・避妊手術の流れはこちら

去勢手術のメリット

  • 自分のなわばりであることを示す為にあちこちに、せわしなく排尿やスプレー(オシッコをひっかけること)などのマーキングが少なくなります。(わんちゃんはそれによりお散歩がより楽しくなります。)
  • 情緒的に安定するのでマウンティングや威嚇行動、無駄吠えなどの問題行動も少なくなります。
  • 雄同士の勢力争いで喧嘩をすることがなくなり、ケガをすることも少なくなります。
  • ご近所の雌猫に子を産ませて、問題を起こすことがなくなります。
  • 発情しなくなりますので、雌猫を求めて家出することがなくなり、交通事故や行方不明になる心配がなくなります。
  • 生殖関連の病気(精巣腫瘍、前立腺肥大、前立腺炎、肛門周囲腺腫瘍など)のすべての予防に効果があります。
  • 潜在精巣も去勢手術で未然に防げます。
去勢手術・避妊手術の流れはこちら

去勢・不妊手術のデメリット

  • 手術後に太りやすくなる可能性が高くなりますが、規則正しい食事や低カロリーの処方食で対応ができます。
  • ホルモンの変化により、不妊手術後に尿失禁が起きる場合がありますが、様々な方法で治療できます。
  • 性格が変わることを心配される方もいますが、その動物本来の性質が変化することはありません。攻撃的な行動が減るため、温和で従順になったと感じることはあるかもしれません。
去勢手術・避妊手術の流れはこちら

去勢・避妊手術を受けるにあたって

犬・猫が健康であれば、危険度の高い手術ではありません。ご安心ください。
手術の時期は、性別、発育状態等によって異なりますので、ご相談ください。
犬・猫を診察すると共に、去勢・避妊手術に関して詳しくご説明いたします。
電話でご予約の上、受診してください。

去勢手術・避妊手術の流れはこちら